Loading...
サイトの予備知識入門(コラム)

【コラム】ホームページの歴史【ワードプレス】は全ての技術の集大成!

ワードプレスは、全ての技術が詰め込まれている最先端

ワードプレスには、今までの全ての技術が詰め込まれています

HTML、CSSを始めとする、PHP、JAVA、C言語、その他すべてのプログラミング言語、サーバー技術、セキュリティ…ワードプレスは、全ての技術の集大成です。

そしてその技術は、今なお1秒1秒進化しており、常に技術の最先端!!・・・と言っても過言ではないくらい凄いのです。

 

そんなワードプレスを一言で伝えるのは難しいです。なぜなら、技術が無い人でも少ない手順で何でも出来るからです。

ワードプレス…それはみんな何となく解ってるようで、解ってないもの。

ワードプレスとは一体なんなのか?それを理解するには、『ホームページの歴史』を辿ると、もっと理解が深まるかもしれません。

と言うわけで、ワードプレスをより深く理解しやすいよう、ホームページの歴史を書いてみました。

※この記事は、初心者でも解りやすくに重点を置いています。

細かい部分の説明と精査はしませんので、ご容赦下さい。

ホームページを作るには、HTMLとCSSが必要。昔はそれだけで良かった

ホームページを作るには、HTMLファイルとCSSファイルが必要です。
そして、サーバー系の技術と知識。そういったものが組み合わさり、ホームページは出来ています。

参考:日本最初のホームページ

HTMLとCSSで出来る事は、大きく分けて3つ

  • 文字を表示する
  • 画像を表示する
  • クリックしてリンクに先に飛ぶ

 

ホームページは、世界中の人が見ることが出来ます。遠くに居る人にも見て貰うことが出来ます。

遠く離れている人にも見て貰う事が出来るので、とても便利ですよね。便利なので、どんどん利用者が増えていきます。

そうして『私もホームページを作ってみたい!』という人が増えて行きました。

【先人のおかげで】簡単にホームページを作れるようになった

沢山の人の努力で、HTMLとCSSを知らなくても、簡単にホームページを作れる仕組みが登場しました。

誰でも、自分だけのホームページを作れるようになり、誰にでも見て貰う事が出来るようになりました。

例えば、アメブロやWiⅹなどです。

アメブロやWiⅹなどのおかげで、HTMLとCSS、サーバーの知識が無くても、簡単にホームページを作れるようになりました。

それにより、【ホームページ】は身近な存在になりました。

【先人達は次のステージへ】ホームページに、プログラムを入れる

HTMLとCSSを勉強していた知識のある人たちは、ホームページが簡単に作れるようになったので、もっと技術を学べるようになりました

もっと良いものを作ろうと、プログラムを勉強し始めました。C言語です。

C言語をもっと簡単に使えるように、C言語を元に、phpやJavascriptという言語が出来ました。
これらのプログラムを使って色んな事が出来るようになりました。メールを送ったり、商品を買ったりです。

しかし、C言語、php、Javascriptという言語では、作りにくいプログラムが沢山あります。

今度は、C言語を元にしつつ、phpやJavascriptの技術を応用させて、C#(シーシャープ)を生み出しました
これにより、作りにくかったプログラムが、作りやすくなっていきました。

色んなプログラムを短い時間で作ることができるようになり、技術が発展していきます。

※プログラムの詳しい歴史については→参考:プログラムの歴史は1952年から。未来のプログラマー需要は明るい

【先人のおかげで】簡単にメールを送ったり商品を買ったり出来るようになった

メールを送ったり、スレッドを立てたり(掲示板)、商品を売り買いしたり、動画のサイトや音楽のサイトが増えてきました。

プログラムを勉強している一部の人たちが、自分のサイトにもその技術を入れ始めました

今までは到底つくれなかったプログラムが、短い時間で作れるようになったからです。

そういったホームページ(サイト)が増えていくと、『私もやってみたい!』という人も増えていきました。

HTMLとCSS、プログラムの知識が無い一般ユーザーが『 私も自分のホームページで、メールを送ったり商品を買ったり、動画を表示したい! 』と思い始めました

けれど、ホームページを作るには沢山の技術と知識が必要です。

プログラマー達は、『 もっと手軽に色んな事が出来るホームページを作ろう! 』と決心しました。

その要望に応えるために、プログラマーたちは沢山の努力をしました。

【先人達は次のステージへ】誰でもプログラムを入れられるサイト(ツール)を作った【ワードプレス爆誕】

【誰でも簡単に、色んな事が出来るサイトを作ろう!】

『 もっと手軽に色んな事が出来るホームページ(サイト)を作ろう! 』と決心したプログラマーたちは、沢山の努力をしました。

どうやったら、手軽に色んなことが出来るようになるか?

・・・たくさん考えた結果、サイト(ホームページ)にプログラムそのものを組み込む事を思いつきました。

サイトには沢山のプログラムが入っています。

例えば、

  • 掲示板のようなプログラム
  • チャットが出来るプログラム
  • ランキングを表示するプログラム
  • 関連ページを表示させるプログラム
  • 画像をスライダーで動かすプログラム
  • クリックすると画像が飛び出すプログラム
  • 商品を売買するプログラム
  • 商品を管理するプログラム…

あげるとキリが無いですが、『全ての人が全てのプログラムを入れたい!』と言うことはありませんよね。

だから、たくさんのプログラムの中から、使いたいものを選んで、サイトに入れてもらう事にしたのです。

プログラムを選んで入れる。それがワードプレスのプラグインです。

プラグインは、C言語、phpやJavascript、C#など、沢山の技術によって作られているです。

知識が無くても手軽に使えて、知識があるならプログラムを変更する事も可能なのです。

・・・それがワードプレスです。

まとめ【ワードプレス】は全ての技術の集大成!

以上、ワードプレスを理解するために、ホームページの歴史を説明してみましたが、理解は深まりましたでしょうか?

ホームページパソコンというのは、全ての技術が詰め込まれて動いています

 

こういった『歴史』は、一見どうでも良いようなものに思えても、知っておくと基礎知識のような感じで、理解が深まったりしますよね。

いままで『なるほどわからん』だった人が、少しでも『ふぅ~~ん』くらいになれば良いなぁと願っております。

それでは今回はこのへんで。

アデュー!(キャラがぐちゃぐちゃ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です